理事長メッセージ

地域に貢献する総合医療機関
人間らしさ、人の温もり、
愛を感じる病院を目指しています

理事長 丸岩 昌文

1984年久留米大学医学部卒業。1988年医学博士取得。同年にハーバード大学関連のマサチューセッツ総合病院研究員に。 帰国後は久留米大学第一外科、宮崎県立日南病院、公立八女総合病院、久留米大学高度救命救急センター、大腸肛門病センター日高病院を経て、1998年より陽光会光中央病院へ。2012年に理事長就任、現在に至る。趣味は社交ダンス、ゴルフ、映画鑑賞。

地域に評価される病院として何をすべきか模索

 医療法人陽光会光中央病院の前身は、1942年に祖父が周南市・戸田地区で開業したのが始まりです。光市に日本製鉄所が開業したことから1954年に同市に移転。人口が増えるにつれて病院を拡大していきました。私は医学部を卒業後、海外の大学で学び、北海道から九州までがん治療や救急医療を行う各地の医療機関での勤務を経て1998年1月に当院に入職しました。
 「地域に評価され必要とされる病院として何をすべきか」を模索していたところ、2000年に介護保険制度が開始されました。当時は自宅での介護が難しい高齢者を受け入れる施設や医療機関が足りず入院環境も劣悪でした。当院の病床も古く、快適な環境とは言えません。「最期を迎えるにあたり、患者様やご家族にとって幸せだったと思える病院を作ろう」と、理念を掲げて少子高齢化に向け高齢者にもやさしい医療に力を注ぐ決意を固めました。
 

介護と検査の二本柱を樹立して地域医療に貢献

 2000年に老人保健施設並みの基準を満たした居宅介護支援事業所を併設した病院を新築。その後も「デイケアセンター」、「訪問介護事業所」、「デイサービスセンター」、「小規模多機能型居宅介護」を開設するなど、介護サービスの充実を図るとともに、認知症の増加に対し認知症治療も充実させました。
 高齢者医療と併せて、がんの早期発見にも力を入れています。外科医としてがん治療を行っていましたが、どれだけ医療が進歩しても、進行しているがん患者様を助けることは難しい。がんで亡くなる方を減らすためには、早期の段階で見つけることが大事です。2010年に健診センター「VIVO」を開設。病院から独立させ、乳がん検診、胃がん検診、脳ドックなど専門的な検査を行っています。
 

医療とは前に進み続けるしかない

 医療の質の向上のためにはたゆまぬ向上心・努力・勤勉・工夫がないとできません。良質な医療を保ち続けるための一歩なのです。当院では診療機械の充実、専門医との連携、スタッフの教育などを積み重ね、近隣開業医や大学病院を含めたいろいろな医療機関とも協力して、小児の手術、乳がん検診治療、救急患者の治療、がんの緩和ケア、認知症のプレミアムサポート、新規介護施設などの取り組みを続けています。
 医療とは前に進み続けるしかない、そのために職員の皆さんに「挨拶をしよう(相手への尊敬)」、「掃除と整理整頓をしよう(謙虚さ)」、「いつも笑顔とほほえみでいよう(思いやり)」、「ありがとうと言おう(感謝の気持ち)」、「仕事を断らない職場にしよう(向上心と努力)」ということをお願いしています。これらのことは着実に成果が出てきています。
 

皆が助け合い、喜びを分かち合える新しいユートピアをめざして

 私は、with covid19時代の医療としてどんな患者様が受診されても対応できなくてはならないと考えています。「専門外」や「わからない」と断るのではなく、適切に診察して早期に治療ができる医療機関につなげることが大切なのです。医療スタッフは病気だけに着目するのではなく、患者様、ご家族の皆様が安心して心穏やかに治療に向き合って頂けるよう、不安な気持ちに配慮することも必要です。人間らしさ、人の温もり、愛を感じられる病院でありたいと願っています。
 この程、地域医療を一緒に担ってくれる方々を広く募集しています。各スタッフのメッセージに共感いただけた方は気軽にご応募ください。年齢、性別、健康状態、価値観の違いも越えて皆が助け合い、喜びを分かち合える新しいユートピアをめざしませんか。
 
 
 
 

交通アクセス

〒743-0063
山口県 光市 島田二丁目22番16号

JR山陽本線光駅から車10分
JRバス島田市バス停から徒歩2分

お電話でのお問い合わせ

0833-72-0676

採用担当者