先輩からのメッセージ

目標は「地域格差のない医療の提供」
リハビリテーション科全体で
スキルアップを目指しています

理学療法士 一色 一美

知人の影響を受けて、地元のセラピスト養成校に入学。「小児のリハビリに携わりたい」と考え、卒業後に山口県の小児施設に就職した。15年ほど勤務し、2004年に当院入職。現在、リハビリテーション科の主任としてスタッフをまとめている。

これから注目される新しい資格に挑戦

 近所に住んでいた知人の影響を受けて理学療法士を目指しました。当時はセラピストの認知度が低かったのですが、私には「これから注目される新しい資格」というイメージが強く、挑戦してみようという気持ちになりました。地元に養成校があったことも大きな要因になっています。
 養成校を卒業後、小児のリハビリを希望して山口県内の小児施設に就職。リハビリを行うことで食事の自力摂取や自力歩行が可能になるなど、子どもたちが回復していく姿に感動を覚えました。引きこもりだった子がリハビリによって少しずつ自信をつけていき、現在は就職して社会人として頑張っています。そうした成長を見ることができるのもセラピストとしての喜びです。
 

施設から一般病院へ。地域に目を向けたリハビリを開始

 小児整形の開始にあたり、光中央病院でリハビリスタッフを募集していました。術後のリハビリによって残存機能が活かされることは十分理解していましたし、「地域で生活している子どもたちもリハビリを必要としているのではないか」と考え、自ら志願して光中央病院に転職しました。
 病院には年齢や性別問わず様々な方が通院しています。高齢者が子どもたちに声をかける場面も日常的に目にしました。施設では年齢や障害の有無、疾患などによって生活する場所が分かれていてそれを必要とする人もおられますが、住み慣れた地域の中で誰もが共に生きることが本来の姿であると気づきました。私はこれまで小児に向けたリハビリを実践してきましたが、リハビリ対象を限定する必要などなく、「子どもも高齢者も一人の人間として接するべきである」という考えに改めました。
 

スキルアップ定着のために週1回勉強会を開催

 リハビリ科では、知識・技術のスキルアップを定着させるため週に1回勉強会を開催しています。先日はそれに加えて「正しく伝達する」をテーマに、「自分が学んだことを他の人に確実に伝えられるか」を確認しました。具体的には主任→Aさん→Bさん→Cさん→主任といった形で伝達します。主任に伝わる内容が当初のものと違っていたら「正しく伝わっていない」と言うことになり、どこで伝達ミスが生じたのかを探ります。医師に代わってセラピストが患者様に治療方針を伝えることがありますし、患者様の理解力が低下している場合は言葉を置き変えてわかりやすく伝えることも重要です。現状を維持は後退と同じ。患者様のために何ができるかを考え、スタッフ一丸となって前進し続けます。
 

患者様を一番に考えられるセラピストを求めています

 現在は理学療法士・作業療法士4人に、言語聴覚士2人が勤務しています。年代も20代から50代とバランスが取れています。スタッフは、穏やかな性格な人が多いと思います。当院はリハビリの最前線に立とうというよりは、患者様と膝を突き合わせて、じっくりと回復のお手伝いをさせていただきたいと考える人の方が向いているかも知れません。
 患者様の年齢は乳幼児から高齢者まで幅広く、様々な疾患に対応できるリハビリを目指しています。患者様のために働いてくれる方、裏表なく誠実に働いてくれる方を求めています。「人に認められるために働く」のではなく、「働いた結果が人に評価される」という考えに共感いただける、心優しいセラピストの応募をお待ちしています。
 
 
 

交通アクセス

〒743-0063
山口県 光市 島田二丁目22番16号

JR山陽本線光駅から車10分
JRバス島田市バス停から徒歩2分

お電話でのお問い合わせ

0833-72-0676

採用担当者